トラパラな日々

神乃 室のトラブル&パラダイスだらけの日々。つーか、ついて来られるなら、ついて来い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドミネーター製作 第2回

いや、なんか流行っているみたいだから・・・(ヲイ)

というコトで、宣言通りのドミネーター製作2回目です。
今回は、依頼品なので丁寧にやっていきたかったのですが、本当に本当に期間が短い!
しかも二挺!

 溺れそうです・・・。

さて、工作ですが銃側の工作と電飾の工作、そして塗装ですね。
ちなみに前回も述べた通り、出来は最悪なので合わせは数ミリ、酷い箇所では数センチの隙間があります。
また複製の際に失敗したのか各所に気泡や欠けがあるので組み立てだけでも時間がかかりそう。

 まずは電飾をする箇所に穴を開けていきます。
開ける箇所はグリップ・グリップ上、トリガー上、銃口上・下・銃口の6箇所。
これの両面です。
大体1ミリくらいから始まって、1.2~1.5ミリくらいまで穴を開けたら、デザインナイフ等で少しずつ削っていってヤスリをかけると。

ドミ後               ドミ先端

 こんなカンジになりました。
今度は銃の裏側、これはLEDの光をなるべく明るく見せられるように全体的にすべからくアルミテープを貼りまくり。
もう既に光が反射しまくりで、写真が眩しいですがw

ドミアルミ

 写真では全部塞がってますけれど、穴を開けた部分は切り取ります。
切り取ったら、そこに0.2ミリの透明プラ板をぺっとりとつけます。
最初の予定ではなかったんだけれど、外側からみるとただ穴が開いているカンジがダサかったので少しでも見栄えがよくなるようにそうした次第。

 次にトリガーの両側に1.5ミリ程度の穴を開け、真鍮パイプをさし、銃側に同様の穴を開けます。
この部分はただすり鉢状になっているだけで、ちゃんと固定出来なかったのでこのようにしました。

DSC_0403 コピー

 これで銃側の工作は大体終わりです。
まぁ、他は欠けている部分をパテで埋めたりなんだりの、ガレージキットあるある処理をひたすらするだけですわん。

それでは次回! 紆余曲折の電飾工作編に続く!!

プラモ・模型ブログランキング
スポンサーサイト
  1. 2013/02/12(火) 00:20:24|
  2. プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LBXスタイル | ホーム | WHFとイナイレTCG>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://torapara.blog8.fc2.com/tb.php/1323-a2e1a954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

Count

プロフィール

はつい。

My Gallery

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。